へんぺんメモ

つぶやき程度に更新中。 管理人・仲川麻子(麻吉)のメモ。ただの日記。たまにお知らせも載ります。

「そして父になる」是枝裕和

公開初日にレイトで見た。とはいえ、近所の映画館でも先行上映していたらしい。
うーん、よくない意味で予告編どおりだった。
キャストと事前情報から予想するとおりの話。
常に「正解」「正しさ」に向かって突っ走ってきた主人公が、
それ以外の価値を見いだして成長するというのはよくわかるんだけど…
諸々上手いのもあって、「あ、お話だなー」という感じがしてしまうのがもったいない。


福山雅治リリー・フランキーが逆だったらおもしろかったかも。そうでもないか。
でも、一度すごくいい人の役で福山雅治を見てみたい気もする。