へんぺんメモ

つぶやき程度に更新中。 管理人・仲川麻子(麻吉)のメモ。ただの日記。たまにお知らせも載ります。

2020心に残った本いくつか

コロナ禍で図書館から足が遠のき、全体の読書量は減り、電子書籍購入率が上がった一年だった。

近年、韓国をはじめとする東アジア諸国の小説やジェンダーを取り扱った小説が多く発刊されるようになって、自分も今年はそういうものを読む機会が多かった。韓国、台湾の小説はわりと近隣諸国の文化、人種が登場することも多くて、当たり前だけど地理的にも文化的にも兄弟的な関係なのだなと読んでて感じる。

 

www.chikumashobo.co.jp子供を対象とした実験を紹介しながら、言語獲得のプロセスをひもとく。小さい子供がいる方、語学学習をしてる方はより一層おもしろく感じるのでは。

 

www.kyoto-up.or.jp表題の通り、中国ジェンダー史研究を概観できる。とても誠実。ところで、一時期、中国王朝について調べごとをしてたけど、京大の論文のwebヒット率が高かった。自分が見た範囲では、論文は最近のものでもほぼ旧漢字表記だったが、この界隈のルールなのだろうか。謎。

 

www.hayakawabooks.comフランス・パリにある女性会館(シェルター施設)が舞台の小説。著者の前作『三つ編み』が空間を隔てた女性たちが繋がる話だったのに対し、今作は同じ場所を舞台に時間を隔てた女性たちが連帯する物語。短い現在形の文を畳み掛けるように連ねる文章で、主人公たちがずんずん進んでいくさまが描かれるのが熱くていい。

2019心に残った本いくつか

なんとなく恒例になってるので今年も書きます(去年更新しそびれたけど)。

 

『茄子の輝き』滝口悠生

昔勤めていた10人程度の会社や、そこにいたかわいい女の子、別れた妻を思い出しながら主人公は生活する。口の中でぐずぐずになって甘酒ができるんじゃないかというくらい思い出を反芻するのだが、ノスタルジーに首まで浸りきる当人の心地よさとそれを他者から見た時のグロテスクさ……どちらもわかる。

 

『地球に散りばめられて』多和田葉子

留学してる間に母国の島国が消えた女性Hirukoは、母国語のネイティヴを探す。長年ドイツで暮らし、ドイツ語での著作もある著者ならではの言葉や国に対する豊かな感覚が新鮮。

 

『フィフティ・ピープル』チョン・セラン

韓国のどこかの都市の50人(正確にはもっといる)の物語。各話の主人公は子供から年老いた人まで、本当にそこにいるかのように生き生きとしているが、あとがきによると相当取材したらしい。ある章に出てきた人が他の章で顔を見せたり背中を見せたり、人々は時に緩やかに時に深く繋がっている。韓国での社会問題も織り込まれ、とにかく著者の構成力がすごい。

 

あとはフィクションにしろノンフィクションにしろ、ジェンダー関連の本を多めに読んだ気がします。

科学道100冊2019

理研と編集工学研究所による「科学道100冊」の1冊に『飼育少女』が選ばれました。

名著、話題書の中に加えていただき、正直とても驚いてます。中高生を中心に「書籍を通じて科学者の生き方・考え方や科学の面白さ・素晴らしさを届ける事業」とのことで、そ、そんな漫画だっけかな……?「科学する女性」……科学……してた……?寒天作ったりはしてたが……と若干とまどいましたが、そういう風に読んでもらえたことはとてもうれしいです。

kagakudo100.jp

飼育少女3巻3/22発売

タイトルの通り、3/22(金)に『飼育少女』最終3巻が発売されます。

 

f:id:asayoshi:20190308235541j:plain

単行本派の方はもちろん、Webで読んでた方もまとめて読むのにぜひ!何卒!ご購入くださいませ!!

巻末書き下ろし4p、各話末に生き物紹介と飼育道具事典などなど、おまけ多数です。巻末は、亜依ちゃんの近況報告です。熊もいるよ。

部数が控えめなので、紙派の方はネットや書店でご予約いただくとスムーズかと思います。

Amazonのリンクはこちら

よろしくお願いしまーす!